膀胱がん闘病記パート0「まさか」

まさか膀胱がんになるなんて

このサイトでは

36歳で膀胱癌にかかった

私の闘病生活と

膀胱ガンに関するアレコレを

書いてまいりたいと思います。

※この記事(はじめに)は

ガンと宣告されてから

手術を受ける前に

書いております。

一部追記したりすることは

あると思います。

ご了承ください。




目次

1.健康状態

2.生活習慣

3.家族構成

4.膀胱ガンと私

1.膀胱がんになる前の健康状態

まずは36歳で

膀胱がん

なった時の

私の健康状態から

身長:180cm

体重:75kg

健康診断では特に

問題はありません。

常に体重や体脂肪を気にしているため、

好きな脂っこいもの

しょっぱいものを

時々食べたり、

時々我慢したり・・・。

コルステロール値が

要注意になることが

多いです。

これまでに骨折もその他

手術も一切受けたことはありません。

2.普段の生活習慣

お酒:飲みません

タバコ:吸いません

運動:スポーツジムに通って

筋トレをしています。

ジムでは有酸素と無酸素の両方を

バランス良くやっています。

筋肉マッチョでもなく

ヒョロヒョロガリガリでもない、

そんな体質・体系です。

また、会社まで

時々自転車で通勤します。

片道18kmを1時間ちょいぐらい

かけていきます。

仕事では

主にオフィスで

パソコン作業です。

出張は

あまりありません。

年に2,3回ほどです。

特に危険物質に

さらされるような

仕事場でもありません。

特に過度のストレスが

ある職場環境でもなく

残業もほぼナシ

有給も取りやすい

ホワイト企業だと思います。

住んでいるところも

職場も比較的

緑が多いところだと

思います。

3.家族構成

妻と子ども2人で

生活しています。

妻は現役ナース

子育て中なので

時短で勤務。

子どもは5歳と1歳

(2019年6月時点)。

二人とも元気です。

両家にガン家系はありません。

※実の祖父が膀胱がん

になったことがあるらしい。

4.膀胱がんと私

上記に述べた通り、

私はいたって健康ですし、

喫煙もしません。

膀胱がんの一番の原因は喫煙と

言われています)

ストレスも特になく、

運動もするので

「膀胱がん」

と宣告されたときは

「え、まさか!なぜ私が!?」

と驚きました。

普段何気なく尿を出していると

血が混じった尿が出て

「これは大丈夫なのか?」

と思ったのがきっかけ

クリニックに行きました。

最初に診断されたのは

「恐らく物理的な出血」

でした。

しかし、半年後に

もう一度血尿が出たので

膀胱炎も疑う必要があるのかな、

と思い、再度診断。

すると悪性腫瘍、

つまり癌でした。

その時にお医者さんに

言われたのは

「喫煙しないのであれば

原因は分かりません。

運悪く腫瘍になったと

思うしかありません。」

と言われました。


最後に

闘病記については

過去を振り返って

書いている部分もございます。

時系列に従って

記述しておりますので、

参考になれば幸いです。

まずは闘病記を1から

お読みください。

お急ぎの人はダイジェスト版も

用意しています。

膀胱がん闘病記ダイジェスト版

次ページへ

闘病記パート1「初めての血尿?」



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする